最新情報

エースコック、ミャンマー国内での製造に切り替え、5,000万人超える国内市場の開拓を狙う。

【経済】エースコックの生産工場ティラワ特区に開設 (2017年7月12日 第651号)   2,00 […]

コメントなし

ティラワ運営会社のMJTD社が2016年度の収益発表。ミャンマー経済への存在感を発揮。

【経済】ティラワ運営のMJTD社、2016年度収益は、4千万ドル(45.5億円) (2017年7月10日 第6 […]

コメントなし

130億円 超の出資を受け、インドシナ半島の4カ国を横断する「東西経済回廊」を整備へ

【社会】ベトナムからミャンマーまでをつなぐ道を整備へ (2017年7月7日 第649号)   […]

コメントなし

もっと読む!

インタビュー:ミャンマービジネスの開拓者たち

「金融システムでマイクロファイナンスを支える」 リンクルージョンの黒柳英哲社長

  ミャンマーで急速に発展するマイクロファイナンス業界。ほとんどの国民が銀行口座を持たないこの国で、 […]

コメントなし

もっと読む!

ミャンマーエクスプレスとは

ミャンマーエクスプレスはNo.1ニュース配信サービスです。ミャンマービジネス情報はミャンマーエクスプレスで。

日本語で読めるミャンマービジネス
情報No.1サービス!

月400本の情報量、3日に1回配信のスピード感、現地のリアルタイム情報

ミャンマー進出を検討している企業様・法人様及びミャンマー進出中の企業様向けの、現地新聞社と提携した、月400本以上のミャンマービジネス情報・ビジネスニュース配信サービスです。

ミャンマーのビジネスパーソンか読んでいる『雑誌や新聞15誌以上と現地の生の情報』から最新の「政治」 「経済」「金融」「法律」「社会情勢」をタイムリーにお届けします。

 最新記事を希望の方は、 「初月お試し購読」で情報量の多さを実感ください。
最新記事を希望の方は、 「初月お試し購読」で情報量の多さを実感ください。

ミャンマーってどんな国?

ミャンマーイメージ
ここ10年以内にベトナムやタイに進出した企業の社長とお話しすると、10年前のベトナムやタイと同様であると仰られる方が多数いらっしゃいます。また、過去の日本の高度成長経済突入前と似ているともいわれてます。
その当時からすると、日本においても、経済バブルの時期にかけて、不動産価格が数十倍、 数百倍に跳ね上がってきた例もあります。
不動産の状況からしても、今後も伸びていくアジア最後のマーケットといえるでしょう。進出のみならず、不動産投資を真剣に考えている方も多数いらっしゃるようです。

※リスクに関する表記:カントリーリスクについて
ミャンマー不動産投資において、度々の法改正があるものの、経済制裁が解除される方向にあり、自由化が進んでいる。教育にも真剣で、国民性も日本人と似ているといわれています。カントリーリスクは限定的であるといわれております。

お客様の声

最新ニュースを知りたい方、投資や不動産投資事業に役立つビジネス情報を得たい方、ビジネスや事業を起こしたい方

ミャンマーエクスプレスは、
商社様、コンサルティング業界様、不動産業界様、建設業界様から、個人の方まで、多業種にわたりご愛顧いただいております。

自動車関連企業
自動車関連企業
1.購読に至った理由

2013年途中よりお試し版を購読させていただきましたが、2014年になり、記事の質が向上していると感じましたので、正式に購読させていただくことにしました。

2.特に役に立っているニュースなど

自動車関連のニュースが大変参考になります。現地新聞記事の翻訳ではありますが、タイムリーに情報配信いただけるので、気になる記事に関しては、現地のパートナーにこちらから詳細の問い合わせができるようになりました。

3.購読後、ご自身の行動の変化など

コンパクトな記事を定期的に配信いただけているので、定期的に幅広い情報に目を通すことができるようになり、気になる記事に関しては、自分から調べるきっかけにもなりました。

大手貿易及び流通関連企業
定期的に情報を配信する企業を探しておりました

タイからの出張ベースでミャンマーの営業・管理を担当する事になりましたが、駐在ではない為、新鮮な情報が集まりにくく、定期的に情報を配信する企業を探しておりました。
第一には政府の動向(法規制等)がわかるニュース、第二は日系企業の動向がわかるニュース、第三には食品事情などがわかるニュースを探しておりました。今後は情報を活用してビジネスにつなげていきたいと思います。

大手貿易及び流通関連企業

 最新記事を希望の方は、 「初月お試し購読」で情報量の多さを実感ください。
最新記事を希望の方は、 「初月お試し購読」で情報量の多さを実感ください。