チョーティン大統領の選出に各国首脳が称賛

 3月15日の国民議会で360の得票で国民民主連盟(NLD)のティンチョーさんが新大統領となることが確定したことについて、各国首脳が次々と称賛の声を上げた。

 バラク・オバマ米大統領は「民主化の第一歩として大きな意味を持つ」とコメント。インドのナレンドラ・モディ首相はツイッター上で「インドとミャンマーの更なる関係強化に向け共に協議していきたい」と展望を述べた。

 日本の安倍首相は「日本とミャンマーの国交の発展のために緊密に協力していく」と祝辞を送った。中国政府からも「近隣国として今後も協力関係を強化していく」と伝えられている。