バガン遺跡管理委員会、パゴダ隣接の宿泊施設の移転・集約を主導

 バガン遺跡管理委員会は、遺跡群に隣接して営業、または建設が進められている42の宿泊施設について10年以内に同地から撤退させ、別の場所へ集約するプロジェクトを主導していくと発表した。

 対象のホテル、イン(宿屋)、ゲストハウスのうち営業しているものは25、建築中および未建設のものは17。いずれも基本的にかつてホテル観光省や文化省から営業許可を得ている。

 バガン遺跡群の広さは約42平方キロメートル。パゴダ(仏塔)の数は3000以上。2015年にバガンを訪れた外国人観光客は約25万7,000人。