ミャンマーの経済成長率は7.8%−世界銀行が予測

 5月31日に世界銀行が発表した「2016年ミャンマー経済見通し」では、今年のミャンマーの経済成長率の予測値は7.8%とされている。

 2014年の経済成長率は8.5%、2015年は7%に下落。昨年10月にはインフレ率は最高記録を更新。政権交代の影響で投資率は減少した。

 同見通しではほかに、停滞中の農業分野の短期間の回復とインフレ率下降予想。昨年6月発生の洪水の被害状況や、物価の下落とチャット安への金融対策とその効果などについても述べられている。また今年は政府の経済改革とマクロ経済の安定化が課題であるとされ、徴税方法の改善と政策の変更がキーになるとされている。