ヤンゴン、タクシーにGPS設置を義務化


2016年5月30日480号より

 5月22日ヤンゴン管区政府は、タクシーの交通量を把握、規制するため、全タクシーにGPS(全地球測位システム)の設置を義務付ける方針であることを発表した。

 ヤンゴン市では近年交通量が劇的に増加。伴って交通事故も増加の傾向にある。

 現在市内で正式な免許を有するタクシーは6万8,000台以上に昇る。