ADB、ミャンマー経済成長率を2016年度は8.4%と予測

 3月30日にアジア開発銀行(ADB)が発表した「アジア経済見通し2016年ミャンマー」によると、2016年度のミャンマーの経済成長率は8.4%と見込まれている。

 理由は、昨年総選挙が順調に終わり経済特別区、輸送分野、電子通信分野、エネルギー分野などへの対内投資の増加が期待されるためだという。

 農業分野が洪水の被害からの回復を示していて食料の価格が値下がり傾向にあるため、昨年10月には16.2%まで上昇していたインフレ率は、2016年度には9.5%、2017年度には8.5%まで下がると見られている。