ロケットインターネット系のダラスグループ買収から半年経たずして、アリババがミャンマーEC市場で事業を開始

【経済】アリババ、ミャンマーで事業開始

(2018年10月19日 第844号)

Shop.com.mm HPより。ロゴの下には alibabaの文字(https://www.shop.com.mm/

中国の EC 最大手アリババグループが、11 月 11 日よりミャンマー国内で事業を開始することがわか った。
アリババグループは5月に、ミャンマーで EC サイト「ショップドットコム(shop.com.mm)」を運営する パキスタンの同業ダラスを買収しており、ダラスを通じてミャンマー市場へ参入することとなる。
ダラスは 2012 年に設立され、ミャンマーの他、フィリピン、スリランカ、ネパールで事業を展開している。
(10 月 16 日発行/7Day Daily 上の記事を再編集)

【編集部所感】

中国のEC最大手アリババが、遂にミャンマー国内で事業を開始する。5月には、アリババがダラスグループを買収するとの報道が流れたが、それから半年経たずして、本格的にミャンマー市場に参入し、事業を開始する。
通信環境が整いはじめたことで、EC事業も徐々に浸透し始めているミャンマー。取引の中には、 Facebookを利用したものも多く含まれ、トラブルも増えている、との報道も過去に流れた。
以前にEC関係のリサーチをした際に感じたのは、EC の出品者に対しても、購入者に対しても教育が必要である、との事実。出品者がシステム上で在庫管理をしておらず、買いたいとの申し出に対して「在庫がない」との回答があるなど。
アリババがミャンマーのECに乗り出すことで、Grabがすべてをつくりかえたように、一気に 市場の再編成が行われる可能性もある。国内では、他にも RGO47onekyatZegobirdなどもEC分野において事業を展開している。
巨人アリババの市場参入を受けて、EC市場も大きな変革の時を迎えそうだ。

=
ミャンマー現地より、最新情報を週3回(月300本)配信。

配信本数No.1 の ミャンマーエクスプレス1週間無料購読は下記より
http://myanmar-express.com/trial/

【配信元】
日本語・英語・ミャンマー語翻訳のプロフェッショナル
ココライズ・ジャパン/KOKORIZE Myanmar
http://kokorize.com/
翻訳の依頼もお受けしております!