【ミャンマーニュース】バングラデシュ国境で襲撃事件

11月5日、ラカイン州マウンドー北部のバングラデシュ国境付近で国境警備隊がバングラデシュのテロリストに襲撃される事件が発生した。

 

同地域を担当していた4人の警備隊員がバングラデシュ側から銃で撃たれたため、銃撃戦となったという。同事件による死者は出ていない。大統領府はバングラデシュ政府に対し、同事件の調査及び説明を要求した。

 

同国境付近ではこれまでにも銃撃戦が発生している。10月22日には狩猟を行っていた4人の村人がバングラデシュのテロリストに撃たれ、2人が死亡。2月16日にはバングラデシュのテロリスト30人による銃撃を受け、ミャンマーの国境警備隊員2人が負傷したという。

(11月1日発行/The Irrawaddy上の記事を再編集)