【ミャンマーニュース】会計年度開始日の変更、大統領が議会に提出

ミャンマーの会計年度は毎年10月1日から始まるが、2018・2019会計年度から9月30日開始に変更することをミャンマー大統領が10月の国会会議に提出した。

 

国軍、連邦団結発展党(USDP)、ラカイン州民族党の代表者らは、再検討すべきだと批判。

 

USDPのタウンエー代表者は「建設企業は建設者らに次第だ。会計年度変更とは直接関わりがない。国の金額が混沌になる恐れがあるので、批判したみたいだ」と語った。

(11月1日発行/7Day Daily上の記事を再編集)