ヤンゴンの対岸開発に向けた大きな一歩。12月に、韓国企業限定でダラ建設の入札募集。

【経済】ダラ橋建設 12 月に入札募集、韓国企業限定で

(2017年11月24日 第709号)

建設省は、ヤンゴン市街地とヤンゴン川西岸のダラ郡区を結ぶダラ橋建設のため韓国企業限定の入札を 12 月に実施する。入札募集から結果発表まで約3ヶ月かかる。同省橋梁局と韓国のエンジェ ニア団が審査する。
デザイン作成と調査は完了している。デザインは建設省と融資した韓国の対外経済協力基金 (EDCF)が入札募集して選出した韓国のコンサルタント社3社が作成した。
2018 年1月に着工予定。同プロジェクトは EDCF の融資、約1億 3,700 万米ドル(=約 138 億円)と 国家予算から 3,030 万米ドル(=約 33 億 9,000 万円)で建設される。
(11 月 22 日発行/Democracy Today 上の記事を再編集)

【編集部所感】

以前から何度か紹介しているダラ開発に大きな影響を与えるであろう、橋建設に関するニュースである。
9月に入札募集とのニュースが、8月に流れていたが、遅れに遅れ、12月に入札が実施される、とのこと。2017 年 12 月に着工し 2020 年に完成する 予定。
以前のニュースでは、韓国企業限定との縛りはなかったが、韓国が大規模な投資をしていることもあり、ある意味では予想通り、韓国企業が入札することになりそうだ。
ダラには、工業団地開発の計画もあり、既に立ち消えたものの、一度は対岸エリアに空港を、といった話もあった。この橋の建設をはじめとして、ヤンゴン対岸のダラエリア開発においては、韓国企業が一歩リードする形になりそうだ。

=

ミャンマー現地より、最新情報を週3回(月400本)配信。

配信本数No.1 の ミャンマーエクスプレス1ヶ月無料購読は下記より
 
【配信元】
日本語・英語・ミャンマー語翻訳のプロフェッショナル
ココライズ・ジャパン/KOKORIZE Myanmar
翻訳の依頼もお受けしております!