【ミャンマーニュース 】世銀、「ビジネス環境の現状2018」発表

世界銀行が発表した「ビジネス環境の現状2018:雇用創出のための改革」で、中小企業の設立・経営を容易にするビジネス環境の年間総合ランキングでミャンマーは昨年から1ランク下落し、171位だった。

 

同ランキングで1位だったのはニュージーランド、2位がシンガポール、3位がデンマーク。

 

東南アジア諸国の中ではミャンマーの171位は東ティモールの178位に続いてワースト2位。

 

ミャンマーは新規事業の開始、建設許可の取得、電化率、徴税、少額投資家の保護のランキング全てにおいて順位を落としている。

(11月2日発行/7Day Daily上の記事を再編集)