【ミャンマーニュース 】政府、テロ被害を受けた村に仮設住宅建設

テロにより複数の村民が殺害され、家屋に放火されたラカイン州マウンドー市周辺の少数民族村落に、今月16日から仮設住宅の建設を開始することがわかった。同州政府のティンマウンスエ事務局長が明らかにした。

 

同事務局長は「被害を受けた少数民族の村落や町を、私達はなるべく早く再興する。コンクリートと煉瓦で仮設住宅を建設する」と説明した。

 

仮設住宅の建設に先立ち、建設省の担当者が13日に現地を視察。また、ウィンミャッエー社会福祉復興相によると、村中が放火された地域を優先的に対応するという。

(10月12日発行/The Voice上の記事を再編集)