ミャンマー政府が運営するフェイスブック・ページのポストが、ユニコード一本化へ。ユニコード移行が本格化の予感。

【通信】政府のフェイスブック・ページのポスト投稿ユニコード化

(2019年6月21日 第944号)

Myanmar National Portal Facebookページ写真

今月第2週から政府省庁のサービスと情報を掲載している「ミャンマー・ナショナル・ポータル」のフ ェイスブックページには、ミャンマーユニコードだけで投稿されることがわかった。以前、ユニコードと 共にゾージーミャンマーフォントでポストを投稿されていた。
以前からミャンマー・ナショナル・ポータルのウェブサイトはミャンマーユニコードだけで掲載してい たが、ゾージーミャンマーフォントでも読めるよう整備された。
各政府省庁は4月1日からミャンマーデジタルフォントとしてユニコード基準とした。加え、通信監理 局は 10 月1日から通信会社として消費者に情報発信する際、ミャンマーユニコードを利用するよう通 知した。
ミャンマー・ナショナル・ポータルは、世界銀行による融資金 165 万米ドル(=約 1 億 7,900 万円) で 2018 年に電子政府システムを形成する目的で開設された。
(6月 19 日発行/7Day Daily 上の記事を再編集)

【編集部所感】

先日、報道された ミャンマー語フォントのユニコード化について、政府省庁のサービスと情報を発信するフェイスページが、『ユニコードのみ』での投稿をスタートした。
以前から、ユニコード化については 何度か動きがあったが、政府が先頭に立って ユニコード化を推進していくことで、他の組織や民間もそれに追随していくことが予想される。
今回ばかりは、本当に ユニコード化が進んでいきそうな気がするし、そこに期待を寄せたい。
ミャンマーのweb市場に大きな変化の波、つまりは大きなビジネスチャンスが押し寄せようとしている。

=
ミャンマー現地より、最新情報を週3回(月300本)配信。

配信本数No.1 の ミャンマーエクスプレス1週間無料購読は下記より
http://myanmar-express.com/trial/

【配信元】
日本語・英語・ミャンマー語翻訳のプロフェッショナル
ココライズ・ジャパン/KOKORIZE Myanmar
http://kokorize.com/
翻訳の依頼もお受けしております!

No Responses