発展が遅れている地域に投資資金を回す計画

ミンスエ副大統領は23日、ヤンゴン市内で開催された商工会議所第10回定例会議で、ミャンマー国内で比較的発展が遅れている地域に投資資金を優先的に分配していくと発言した。

 

同副大統領は「発展が進んでいる地域ばかりに投資してしまうと格差を生んでしまう恐れがある。そうならないよう発展が遅れている管区、州に資金を回していく法律を作るべく議論を行った。現在は最も発展が遅れている地域には7年、比較的遅れている地域には5年、発展している地域には3年と地域ごとに免税の期間を変える形で地域間の格差の是正を図っている」と話した。

 

同副大統領によると、2017年8月末までで投資額が38億9,952万米ドル(=約4,365億円)に達しているという。またラカイン州のような衝突が起こっている地域では昨年から投資額が減少しているという。

(9月24日発行/The Daily Eleven上の記事を再編集)