ミャンマー・ヤンゴンにクリスピークリームドーナツが1号店をオープン。飲食業界にも外資が続々進出の流れ。

【経済】クリスピークリームドーナツ、9月に1号店オープンへ

(2018年8月8日 第813号)

アメリカのクリスピークリームドーナツがミャンマーに1号店をオープンすることがわかった。フランチ ャイズ方式での店舗運営で、数少ない欧米系飲食店のひとつとなる見込みだ。9月に1号店を開設 後、10 店舗程度まで拡大する計画だ。
同社はアメリカノースカロライナ州に本部を構え、1937 年からドーナツとコーヒーの販売を行ってい る。これまでに 32 カ国で約 1,400 店舗を開設しており、2018 年にはグアテマラ、ニュージーランド、 ナイジェリアにも1号店をオープンした。近隣諸国では中国、インド、マレーシア、タイ、インドネシア、 フィリピン、シンガポールに店舗を構えている。
(8月4日発行/The Daily Eleven 上の記事を再編集)

【編集部所感】

飲食業界にも、欧米勢の波が押し寄せる。
5月中旬には、スターバックスコーヒーのミャンマー進出に関する報道が流れたが、続くのは、アメリカのクリスピークリームドーナツだ。
2014年からミャンマーで生活をしているが、その当時からドーナツ店は多く、人が多く入っている印象も強い。J’ DONUTS’ というチェーン店は、知名度も人気も高い。地方からヤンゴンを訪れた人が、ドーナツを両手に抱えて、田舎に戻っていく姿を見かける事も多い。
ドーナッツに対しての認知度は、既にある。しかしながら、競合といえる競合はいないのが現状。まさに独占状態にある。
そこに、クリスピークリームドーナツが参入する事になる。販売単価的に、どうなるのか?という点は気になるが、、、ドーナツを巡る今後の争いも気になるところ。
スターバックス、クリスピークリームドーナツと続けば、そろそろマクドナルドがやってくるのだろうか。

=
ミャンマー現地より、最新情報を週3回(月300本)配信。

配信本数No.1 の ミャンマーエクスプレス1週間無料購読は下記より
http://myanmar-express.com/trial/

【配信元】
日本語・英語・ミャンマー語翻訳のプロフェッショナル
ココライズ・ジャパン/KOKORIZE Myanmar
http://kokorize.com/
翻訳の依頼もお受けしております!