MAB銀行、モバイルバンキングの全国展開を急ぐ

 7月5日、ミャンマー・エイペックス銀行(MAB、本店:ネピドー・Ottarathiri郡区)は、同社が3月にサービスインしたモバイルバンキングサービス「MABモバイルバンク」について、僻地を含めた全国展開を早急に進めていくことを明らかにした。

 同サービスはSMS(ショートメール)ベースのシステム。インターネットが普及していない地域でも利用可能。従来型の携帯電話機(フィーチャーフォン)でも利用可能で必ずしもスマートフォンを必要とせず、通信事業者の別も問わない。最寄りの代理店を利用すれば現金による入金や出金が可能。ATMも利用できる。モバイル口座以外にも送金可能で、各種支払いやチケット購入にも利用可能。電話料金のためのチャージも不要。ミャンマー語のほか、英語、中国語に対応。