ミャンマー市民銀行、上場へ

 ミャンマー市民銀行(MCB、本店:ヤンゴン市チャウタダ郡区)は、7月中にもヤンゴン証券取引所(YSX)に上場することが見込まれている。現在YSXおよびミャンマー中央銀行によって審査が進められている。アングラマネーマネーの取り扱いの有無、株式の譲渡制限などがポイント。

 上場時には全発行済み株式(額面総額=520億チャット、約44億5,000万円)の内15%あまりが市場に出る。

 MCBは1991年創立。1996年に株式会社化。全国に19支店を構える。

 これまでYSXにはファースト・ミャンマー・インベストメント(FMI)とミャンマー・ティラワSEZホールディング(MTSH)の2社が上場している。