今年度の経済成長率は8.4%-アジア開発銀行が予想

 ヤンゴン市のチャトリウムホテルで6月15日、アジア開発銀行(ADB)が記者会見を行い、ミャンマーの今年度の経済成長率を8.4%、インフレ率を9.5%と予想した。

 昨年度の経済成長率は、洪水や土砂崩れなどの災害の影響もあり7.8%だった。今年度は、インフラ整備や対内投資の促進、製造業、観光業、サービス業のさらなる発展により8%を超えると予想。また、昨年度の財政赤字額の対GDP比は8.9%だったが、今年度は8.3%にやや減少すると予想された。

 同行の中尾武彦総裁は「勢いのある成長を続け、雇用機会を創出できるようにするためには、マクロ経済を安定させることが重要。また、知識や技術を学ぶチャンスにもなる対内投資を増加させることができるよう整備しなければならない」と述べた。