【ミャンマーニュース】第12回メコン地域人身売買対策首脳会議、ミャンマーで開催

第12回メコン地域人身売買対策首脳会議がミャンマーのネピドー10月中に開催されることが明らかにされた。先月にもミャンマーはメコン地域麻薬対策計画に関してホスト役を務めた。

 

アメリカの2016年度の人身売買報告書では、ミャンマーはイラン、朝鮮、シリアと同じくTier-3と定められた。2017年度の報告書では、ミャンマーはタイ、ラオスと同じくTier-2(Watch list)と定められた。同報告書で各国は人身売買事件発生件数によりTier-1、Tier-2、 Tier-2 (Watch list)、 Tier-3の4段階に分けられている。

(10月5日発行/7Day Daily上の記事を再編集)