【ミャンマーニュース】タイの国葬に行ったミャンマー人労働者19人解雇

タイ前国王の葬儀に行ったバンコクのSPハンガー製造工場で働くミャンマー人労働者19人が解雇された。

 

解雇された労働者らは、10月26日の国葬に行くため休暇を事前に申請したが、雇用者は休暇を認めず、不当に解雇したという。

 

また、同工場は先月の給料も一部未払いだったため、労働者は10月30日に同工場をタイの労働者保護福祉局に訴えた。

 

国葬の日には、ほとんどの企業が休業し、数万人のミャンマー人労働者も集まった。

(10月31日発行/The Voice上の記事を再編集)