ミャンマー北部の秘境、ザガイン管区のナガランド、入域許可不要になり、観光客は行きやすく。

【観光】ザガイン管区ナーガ自治区、入域許可不要に

(2019年3月22日 第907号)

※写真はナガランド奥の村の様子。

ザガイン管区観光発展委員会のチョーズワーミン委員は3月 17 日、国境を除く同管区のナーガ自 治区への入域について国内外の観光客は許可が不要になったと話した。同自治区は、10 年以上許 可なしでの入域が禁止されていた。ヤンゴン市プルマンホテルで行われたナーガ新年祭へのオフロ ードツアーの成功を記念した記者会見で明らかになった。
ミャンマー遺産トレイル観光集会(MHTTR)は、観光発展のために知られざる秘境の魅力を発掘し、 国内外に発信していくという。MHTTR は、これまで自動車でのオフロードツアーを7回成功させてい る。
(3月 18 日発行/The Voice 上の記事を再編集)

【編集部所感】

ナーガ自治区への入域についてこれまで必要だった入域許可が不要になった。これまで10年以上にわたって許可がなければ入域できなかったが、オフロードツアーの成功を機に、入域許可なしでの観光が可能になった。
ちょうど私も、2月にナガランドへと足を運んできたが、秘境感はずば抜けていた。ナガ族が暮らす村を幾つか訪れたが、そこは文明からかけ離れた世界があった。
携帯の電波は、主要都市でしか通じず、少し奥の町へ行けば、電波どころか、商業用看板すらないような状態。滞在していて、とても心休まる時間を過ごすことができた。
またアクセスも容易ではなく、マンダレーから飛行機でカムティまで飛び、そこから自動車での移動が必要となる。車の数も少ないため、交通費も高くなる ため、金銭面のハードルも残される。
観光客が増えることで、ナガランドらしさが消えない事を願う。

=
ミャンマー現地より、最新情報を週3回(月300本)配信。

配信本数No.1 の ミャンマーエクスプレス1週間無料購読は下記より
http://myanmar-express.com/trial/

【配信元】
日本語・英語・ミャンマー語翻訳のプロフェッショナル
ココライズ・ジャパン/KOKORIZE Myanmar
http://kokorize.com/
翻訳の依頼もお受けしております!