【観光】熱気球観光のOB社、ンガパリビーチでサービスイン

 バガン遺跡群やインレー湖など国内4カ所で熱気球観光サービスを展開するオリエンタルバルーンニング社は9月からラカイン州のンガパリビーチでサービスを開始する。

 料金は、外国人向け=380ドル(約4万円)、ミャンマー人向け=30万チャット(約2万6,000円)。同社のマンダレー、バガン遺跡群での料金も同額。インレー湖では外国人向けのみ異なり420ドル(約4万4,000円)。

 マンダレーとインレー湖での今年のオペレーションは9月から、バガンでは10月から開始される。

 同社は今後の拠点展開の拡張に意欲的。同社オペレーションマネージャー、ニーニーさんによると「現在ラカイン州ミャウウー地域での展開を検討中」とのこと。

 現在バガン遺跡群では、3社が気球ツアーを提供。気球保有数はそれぞれ、オリエンタルバルーンニング社=6機、バルーン・オーバー・バガン社=12機、ゴールデン・エクスプレス・ツアー社=3機。