【ミャンマーニュース】赤字続きの国営工場を民営化へ

計画・財務省によると、2010年頃から赤字が続いている国営工場を今年11月から民営化する計画があるという。

 

同省のチョーウィン大臣によると、2010年頃から赤字が続いている工場が40から50あり、工場1つあたり年間で10億チャット(=約8,310万円)の赤字が出ているという。

 

同氏は、「民間のノウハウを活かせば生産性が上がり、GDPも向上すると確信している。現在工場で働いている従業員には、そのまま継続して働けるよう配慮する」とコメントした。

(10月29日発行/The Daily Eleven上の記事を再編集)