【ミャンマーニュース】今年度の縫製品輸出額、30億ドルに達する見込み

今年度の縫製品輸出額が30億米ドル(=約3,380億円)に達する見通しであることがわかった。ミャンマー縫製業協会のミンソー会長が明らかにした。

 

輸出額増加の背景には、ミャンマー国内の縫製業への投資が拡大したこと、ヨーロッパへの輸出が好調であったことが挙げられる。

 

同会長によると、現在、外国投資により45の縫製工場が稼働しており、輸出は前年度より拡大するという。

(10月5日発行/The Voice上の記事を再編集)