スウェーデンの投資会社が、ミャンマーのJobNet.comとShwe Property社に合計数億円の投資。

【経済】スウェーデン企業、就職情報サイトなどに投資

(2018年3月12日 第751号)

 

写真は、同社ウェブサイト(https://www.vostoknewventures.com/)

就職情報サイト JobNet.com と不動産取引サイト Shwe Property はスウェーデンの Vostok New Ventures 社と共同で、オンライン就職情報事業と不動産事業を行う。
Vostok New Ventures 社は数百万ドルを投資する。Per Brilioth 執行役員は「就職情報ネット市場は 今後発展すると信じているため、共同する」と話した。
同社はスウェーデンの証券取引所に上場しており、オンライン就職情報と不動産事業に投資して いる。
(3月9日発行/The Voice 上の記事を再編集)

【編集部所感】

ミャンマービジネスへの投資が加速している。今回は、スウェーデンのVostok New Ventures社がミャンマーへの大型投資との報道。数百万ドル(日本円で 数億円)との事で、投資規模は、億単位になる。スウェーデンの会社が既に同業に投資しているバックグラウンドもあり、ミャンマーの2社への投資が決まったようだ。彼らのノウハウを通じて、市場の活性化や利便性の向上に期待が集まる。
就職関連サービスは、在庫コストが掛からず、単価は比較的高いため、現在のミャンマーでも利益が出しやすいビジネスの1つであり、日系企業を含めて各社が市場に参入し、競争は激化している。オンラインのみならず、オフラインのイベントと合わせて ブランド力を高めているのが、JobNet.com社だ。(同社ウェブサイトはこちら)他にも、Work.com社やMyJob社など、同様のサービスを展開する企業も多いが、それらの中から投資先として選ばれたのが、JobNet.com社であるのは興味深い。
不動産事業を展開するShwe Property社も投資を受けているが、不動産仲介業も人材市場同様に商売の単価が高いため、ビジネスとしては成り立ちやすい。現在、不動産市場自体は、若干停滞気味だが、それでも1年契約が基本で、高単価であるため、ビジネスとしての可能性は高そうだ。(同社ウェブサイトはこちら
各国での投資経験を持つ会社がミャンマーの市場に参入し、ミャンマーの各産業のサービスが底上げされ、便利になっていき、競争は益々激化していきそうだ。日本だけでなく、各国の動きをウォッチしておきたい。

=
ミャンマー現地より、最新情報を週3回(月400本)配信。

配信本数No.1 の ミャンマーエクスプレス1ヶ月無料購読は下記より
 
【配信元】
日本語・英語・ミャンマー語翻訳のプロフェッショナル
ココライズ・ジャパン/KOKORIZE Myanmar
翻訳の依頼もお受けしております!