初のアウンサン将軍の記念切手が3月17日発売予定。これを機に、日本にハガキを書いてみては?

【社会】外務省、設立 70 周年記念切手を 500 チャットで販売
(2017年 2月 17日 第 590号)

3月 17 日、外務省は同省設立 70 周年を記念して、アウンサン将軍の写真を用いた記念切手を発行し、各町・郡の郵便局において 500 チャット(=約 42 円)で販売すると発表した。
アウンサン将軍は第一代外務大臣を務めていたため、今回外務省が運輸通信省と共同で記念切手の発行を行う。アウンサン将軍の切手発行は今回が初めて。
ミャンマー外務省は独立準備期間の 1947 年3月 17 日に組織された。同省は様々な記念式典を開 催するとのこと。
(2 月 16 日発行/Pyi Myanmar 上の記事を再編集)

【編集部所感】

アウンサン将軍の写真を用いた記念切手が発売される。ビルマ建国の父として国民から愛されているのがアウンサン将軍だ。現在、国家顧問を務めるアウンサンスーチー氏の父親としても知られている。3月17日に記念切手が発行になるという。何枚発行されるかはわからないが、レアな記念切手になりそうな予感がする。
通りの名前にアウンサンの名前が冠されている場所は、ヤンゴン、マンダレーだけでなく、全土で人気がある。以前にモン州の橋の命名を巡って、一度は「アウンサン」の名が冠されかけたが、その名前を避けたい、としたニュースがあった。NLDの票集めのためではないか?との反対を受けてのことだ。
とはいえ、ヤンゴンを中心に、建国の父「アウンサン将軍」の人気は高い。切手発行は初とのこと。そもそも手紙の配送といった物流網の弱さもあり、ニーズのほどはわからないが、在住日本人の方は、ぜひとも手にされ、日本にハガキを送ってみてはいかがでしょうか?

=
ミャンマー現地ならではの、生の情報を週3回配信。
配信本数No.1 月間合計 約400本のミャンマーニュース配信。
ミャンマーエクスプレス1ヶ月無料購読はこちらから
http://myanmar-express.com/trial/

【配信元】
日本語・英語・ミャンマー語翻訳のプロフェッショナル
ココライズ・ジャパン/KOKORIZE Myanmar
http://kokorize.com/
翻訳の依頼もお受けしております!