観光業者・航空会社向けに、外貨での料金受取を禁止する通達。3度目の正直となるか。

【観光】観光業者らに外貨での料金受取を禁止する通達

(2019年6月17日 第942号)

ホテル・観光省は全国の観光業者や航空会社に対し、外貨ではなくチャットで料金の受け取りを行 うよう通達を出した。
同省によると、過剰な外貨獲得の動きを抑えることが目的。中央銀行が以前同様の指示を出してい たが、外貨で支払いを求める業者は一向に減っていない。
同省の関係者は「店舗などに両替カウンターを設置するなど、利用客から外貨を受け取らないよう にする工夫が必要だ。両替を行う場合はライセンスが必要なので、忘れずに登録してほしい」と話し た。
(6月 14 日発行/The Daily Eleven 上の記事を再編集)

【編集部所感】

過去、何度も出されている通達が、改めて、観光業者や航空会社向けに出されたようだ。
これまで為替が不安定になった動きを受けて、ホテル・飲食店などでのドル表記を禁止する通達が何度か出されている。
その度毎に「今回こそ」と思ってきたが、結果として、ホテル内ロビーラウンジ等でのドル表記は残ったままで、一向に改善される気配はないのが現状。
今回の通達を受けて、観光業者や航空会社に対して、政府も何かしらの対策を講じるのか、またしても変わらないままいってしまうのか。これまで何度か同じような事を繰り返してきたため、政府も本気で対策を講じないと、いつまでも変わらないままいってしまう。3度目の正直となるか、2度あることは3度ある、となるか。

=
ミャンマー現地より、最新情報を週3回(月300本)配信。

配信本数No.1 の ミャンマーエクスプレス1週間無料購読は下記より
http://myanmar-express.com/trial/

【配信元】
日本語・英語・ミャンマー語翻訳のプロフェッショナル
ココライズ・ジャパン/KOKORIZE Myanmar
http://kokorize.com/
翻訳の依頼もお受けしております!