【ミャンマーニュース】タナカを免税対象にするも逮捕者が続出

天然資源・環境保全省により、タナカ、カルダモン、ヤム芋への税が免除され、自由な売買を許可すると発表されていたが、逮捕者が出ているとタナカ栽培販売協会のチョーモー会長が指摘した。

 

2017年9月13日に天然資源・環境保全省によってタナカ、カルダモン、ヤム芋への税が免除されることが決定し、発表されたが、関係省庁へ通知書類が届いていなかった。免税と自由な販売許可が降りていることを知らない役人らによってタナカの販売を行う人たちが複数人逮捕されてしまった。

 

ミャンマーでタナカはアヤードー、パコック、イェーサチョー、パウッ、ミャインなどの5つの群で主に栽培されており、近年海外からタナカを使った製品が入ってきていることで国内のタナカ市場に変化が起きているという。

(11月2日発行/The Daily Eleven上の記事を再編集)