まずは空港から。ヤンゴンの空港タクシーがチケット制へ。旅行者は安全も確保できるようになる。

【社会】ヤンゴン国際空港からのタクシー、チケット制へ
(2017年 2月 17日 第 590号)

 
乗車運賃が高くなっているヤンゴン国際空港からのタクシーが、2月 15 日からチケット購入制度に なったという。
ヤンゴン国際空港にはタクシー652 台あり、乗客は空港内のタクシーカウンターでチケットを購入し、 運転手に決められた値段以上の運賃を要求された場合はチケットに記載の電話番号にかけると対 応してくれるという。タクシー料金は空港運営委員会、空港セキュリティ団体と空港のタクシー運転手らの協議の上で、決められたという。(2 月 16 日発行/The Voice 上の記事を再編集)

【編集部所感】

 ヤンゴンのタクシーは交渉制である。空港には以前からタクシーカウンターはあったが、一歩空港の外に出れば、交渉が必要であった。空港や高級ホテル等での交渉はヤンゴン在住者からすれば、法外な値段をふっかけられる事も多い。外国人をターゲットに、高くふっかけてくるタクシードライバーが後を立たず、値段は上がる一方であった。先日ミャンマーに降り立った知り合いが、空港のタクシーカウンターで9,000ksと言われたため、降りる際1万ksを支払うと、「お釣りがない」と1,000ksのお釣りが戻ってこなかった、と話していた。同様のケースは今後、防ぐことができるだろう。
また安全面から考えても、リスク軽減できるであろう。長い目でみれば、こうした変化を契機に、ヤンゴンを走るタクシーすべてがメーター制に変わる日も遠くないかもしれない。

=
ミャンマー現地ならではの、生の情報を週3回配信。
配信本数No.1 月間合計 約400本のミャンマーニュース配信。
ミャンマーエクスプレス1ヶ月無料購読はこちらから
http://myanmar-express.com/trial/

【配信元】
日本語・英語・ミャンマー語翻訳のプロフェッショナル
ココライズ・ジャパン/KOKORIZE Myanmar
http://kokorize.com/
翻訳の依頼もお受けしております!