ミャンマー人起業家による、若手起業家支援基金「Myanmar Tech Ventures」が2018年、5億円規模で設立予定。

【経済】iMyanmar、技術関連企業支援基金を設立

(2017年9月18日 第680号)

 ミャンマー最大の不動産ポータルサイト iMyanmarHouse.com の設立者であるネイミントゥ氏は、 2018 年に技術業界発展を支援するため 500 万米ドル(=約5億 5,400 万円)規模の基金「Myanmar Tech Ventures」を設立する。国内の新しい技術関連企業により多く投資できることを目指しているとい う。年間3~5社に投資を行う予定。
同氏はシンガポールに留学し、卒業後、ウェブサイト作成を始めた。シンガポールにいるミャンマー 人のために作成したウェブサイトから徐々に事業拡大し、モバイルアプリ作成や他の技術関係事業 なども行っている。自身が技術関連事業においてシンガポールで成功したため、ミャンマーでも同事 業が成功する可能性が高いと考えているという。
同基金の支援によりミャンマーで国際的な技術関連企業が創設されれば、雇用機会の創出や国 の経済発展に繋がる。同氏は若手起業家の支援を主な目的として同基金を設立し、資金だけでなく 技術支援やアドバイス等も行う。
(9月 15 日発行/Myanmar Times 上の記事を再編集)

【編集部所感】

ミャンマーにおいて、起業家支援を考える人は少なくない。各地でビジネスコンテストやピッチイベントが開催され、起業家向けのネットワーキングパーティーも開催されている。またコワーキングスペースを拠点とした、インキュベーション施設や、アクセラレータープログラムも設けられている。
しかし、それらの多くは海外資本。今回の Myanmar Tech Ventures は、ミャンマー人による基金だ。若手起業家の支援が主な目的だという。こうした起業家育成プログラムが多く立ち上がることで、ミャンマー人起業家が生まれ、その起業家が周囲に刺激を与え、さらに起業家が生まれる、そんな好循環サイクルにも期待をしたい。
2018年に設立予定、との事で、今後の動きにも注目したい。また同様のプログラムが各所から立ち上がってくることにも期待したい。

=

ミャンマー現地より、最新情報を週3回(月400本)配信。

配信本数No.1 の ミャンマーエクスプレス1ヶ月無料購読は下記より
 
【配信元】
日本語・英語・ミャンマー語翻訳のプロフェッショナル
ココライズ・ジャパン/KOKORIZE Myanmar
翻訳の依頼もお受けしております!