両国間の貿易強化を目的として、3階建ての施設「タイ・ミャンマー貿易センター」開設へ

【経済】タイ‐ミャンマー貿易センター開設へ

(2019年5月17日 第929号)

タイ‐ミャンマー経済評議会は、両国の貿易を強化するためタイ‐ミャンマー貿易センターをヤンゴン市に開設する準備を進めている。タイ商工会議所連盟が明らかにした。
同センターは3階建てで、1階にタイ企業、2階にミャンマー企業の製品を展示する。3階には情報センターを設置し、タイ企業の経営者約3万人のリストを保管するという。
5月9日には、タイの輸出入銀行(EXIM)とタイ商工会議所連盟が協賛したビジネスマッチングがヤンゴンで行われ、タイの飲食関連企業の経営者が 50 人以上来緬した。
(5月 15 日発行/The Daily Eleven 上の記事を再編集)

【編集部所感】

タイ・ミャンマー貿易センターがヤンゴン市内にオープンする見通し、との報道。
イメージ的には、東京都内にある「◯◯県アンテナショップ」のような役割を果たすのではないか、と考えられる。タイ企業に関する情報が集約された場所ができれば、タイでビジネスを考えるミャンマー人ビジネスマンにとっては非常に便利。
ヤンゴン市内には、日本や台湾、EUなどが ビジネスマンにとってのハブ機能となる拠点を構えているが、それらは、いずれも各国のビジネスマン向けの意味合いが強い。
こうした機能ができることで、ミャンマー企業との接点が増え、タイ企業にもメリットが大きそうだ。

=
ミャンマー現地より、最新情報を週3回(月300本)配信。

配信本数No.1 の ミャンマーエクスプレス1週間無料購読は下記より
http://myanmar-express.com/trial/

【配信元】
日本語・英語・ミャンマー語翻訳のプロフェッショナル
ココライズ・ジャパン/KOKORIZE Myanmar
http://kokorize.com/
翻訳の依頼もお受けしております!