タイのサイアム・セメント、2018年にミャンマーで 約281億円を売上。不況下でも伸びる企業は伸びている。

【経済】タイ SCG、ミャンマーで年間2億 5,000 万ドル超の売上

(2019年2月11日 第890号)

タイの資材大手サイアム・セメント(SCG)は、2018 年のミャンマー市場における売上額が2億 5,600万ドル(=約 281 億円)であったことを明らかにした。
タイを除くアセアン諸国における同社の 2018 年売上額は、総売上額の約 26%にあたる 36 億 5,300 万米ドル(=約 4,010 億円)で、前年と比較して約 11%増加したという。同社の総資産は 181 億 9,500 万ドル(=約2兆円)となっている。
(2月7日発行/The Daily Eleven 上の記事を再編集)

【編集部所感】

タイの建設資材大手のサイアム・セメントは、ミャンマーに進出しているが、2018年の売上額は 約 280億円。
不況が叫ばれるミャンマー市場の中で、苦戦している外資系企業も多い。そんな中で、タイからミャンマーに進出しているサイアム・セメントは、海外での売上を伸ばしながら、ミャンマーでの売上も確実に伸ばしている。
サイアム・セメントをはじめとしたタイ企業は、今のミャンマー市場に強い関心を抱き、ミャンマー進出の流れが加速している。
インフラ開発を含めた建設市場全体が伸びている影響もあるが、国内企業・外資企業に関わらず、不況であろうが、確実に売上を伸ばし続けている会社はある。

=
ミャンマー現地より、最新情報を週3回(月300本)配信。

配信本数No.1 の ミャンマーエクスプレス1週間無料購読は下記より
http://myanmar-express.com/trial/

【配信元】
日本語・英語・ミャンマー語翻訳のプロフェッショナル
ココライズ・ジャパン/KOKORIZE Myanmar
http://kokorize.com/
翻訳の依頼もお受けしております!