米ドル使用を控えるよう再度通達。旅行会社や航空会社などを呼び出して注意する方向性。

【金融】中央銀行、ドル使用控えるよう通達

(2017 年 3 月 1 日 第 595 号)

 中央銀行が米ドル使用を控えるように通達しているため、物品やサービスに対してドルで商取引を行っている国内の旅行会社や航空会社などを呼び出して注意すると外貨管理局局長が話した。
ドル使用が多いことがドル高の要因になっているとし、国内の支払いをチャットのみとすることでチャットの価値を高めることが目的。為替相場を安定させるため中央銀行と関係局、管区政府が共同
で取り組んでいる。
国内の支払いをチャットでするように 2015 年と 2016 年5月にも通達している。
(2月 25 日発行/The Daily Eleven 上の記事を再編集)

 

【編集部所感】

 こうした通達は、何度目になるのだろうか。私が把握している限りでも2度はあったように思う。
「高級ホテル、旅行会社はドル使用を禁止する。」「ドル決済免許を取り消す。」「給料はチャット払いにするように。」「ドルの引き出し制限を行うことでチャット安を食い止める」等、幾度かにわたって、チャット利用頻度を高めようとの通達があった。
しかしながら、そうした通達は実を結ぶことなく、ドルでの商取引は一般化している。メニューがドル表示のみのお店も少なくない。それにも関わらず、汚れたドル紙幣は扱ってもらえない等、完全に受け入れられているわけではない。
すべての物品、サービスが対象となるが、今回の通達や注意を受け、ドル高が抑えられるかどうか、今後の展開に目を見張りたい。

=
ミャンマー現地ならではの、生の情報を週3回配信。
配信本数No.1 月間合計 約400本のミャンマーニュース配信。
ミャンマーエクスプレス1ヶ月無料購読はこちらから
http://myanmar-express.com/trial/

【配信元】
日本語・英語・ミャンマー語翻訳のプロフェッショナル
ココライズ・ジャパン/KOKORIZE Myanmar
http://kokorize.com/
翻訳の依頼もお受けしております!