ミャンマーの大学生、約200名が参加するプログラミングコンテストが、10月25〜26日に開催。

【社会】コンピュータ大学でプログラミングコンテスト開催

(2017年10月23日 第695号)

 

  ミャンマー中のコンピュータ大学の学生らが参加する「2017 第二回大学プログラミングコンテスト」が10 月 25・26 日にヤンゴンコンピュータ大学で開催される。
今大会に1チーム3人で 66 チームが参加する。優秀なチームは、国際大会に参加する予定。世界コンピュータプログラムコンテストは、複数のコンピュータ組織が参加している Associate for Computing Machinery(ACM)が開催し、現在世界 91 カ国の訳 2,300 校の大学の学生が各国で競い合っている。世界大会は 12 月に開催予定。
(10 月 20 日発行/The Voice 上の記事を再編集)

【編集部所感】

IT化が急速に進む、ミャンマー。国内には、IT関連の技術を専門に学べる大学も複数存在する。そんな中でも比較的古くからの歴史を持つ、ヤンゴンコンピュータ大学において、プログラミングコンテストが開催される、とのこと。
1チーム3人、66チームのため、198名が参加する見通しだ。イベントは第2回との事だが、こうしたコンテスト等のイベントを通じて、意識が高まり、ミャンマーの大学生をはじめとして、業界全体の底上げがはかられる効果もあるだろう。
数ヶ月前には、ロボットのコンテストでミャンマーチームが世界6位を獲得したばかり。ミャンマーがポジティブな面で、あらゆる分野において、世界的に知られていくきっかけとなっていって欲しい。

=

ミャンマー現地より、最新情報を週3回(月400本)配信。

配信本数No.1 の ミャンマーエクスプレス1ヶ月無料購読は下記より
 
【配信元】
日本語・英語・ミャンマー語翻訳のプロフェッショナル
ココライズ・ジャパン/KOKORIZE Myanmar
翻訳の依頼もお受けしております!