期限までに納税しなかった自動車輸入業者に厳罰措置。自動車輸入業はもちろん、他の事業・海外渡航も禁じられる。

【経済】自動車販売センターなど 21 カ所がブラックリスト入り

(2017年5月29日 第632号)

 

国税局は、税金を滞納している自動車販売センターおよびショールーム 21 カ所をブラックリストに 入れ、貿易などの許可をはく奪したことを明らかにした。
同局は昨年 11 月、税金を滞納している自動車販売センターおよびショールーム 200 カ所以上に警 告を出し、その後 156 カ所が税金を納めたという。期限までに納めなかった 21 カ所がブラックリスト入 りすることとなった。
同 21 カ所を運営する代表者は、自動車の輸入のほか、国外への渡航や他の事業を行うことも禁止 されるという。このような措置が取られたのは今回が初めて。
(5月 26 日発行/The Voice 上の記事を再編集)

【編集部所感】

以前から何度も報道されていた税金を滞納している自動車販売センター・ショールームについての追加報道は、驚きの展開を見せた。期限内に税金を納めなかった21ヶ所は、ブラックリスト入りの措置だ。そして、自動車だけに関わらず、他の事業までもが禁止され、さらには、国外渡航も禁じられるといった非常に厳しい措置が取られた。
こうした措置が取られたのは初めてとのことだが、「ルール違反は厳しく罰する」との現政権の方針が垣間見える対応だ。
これまでのようには、いかない。「次のターゲットは何だ?」と、怯えながら暮らす人も出てきそうだ。
こうした厳しい対応を通じて、不正がなくなり、透明性が増していけば、政府の徴税機能も高まるだろう。また不正行為も減っていくことが期待される。

=
ミャンマー現地より、最新情報を週3回(月400本)配信。
配信本数No.1 の ミャンマーエクスプレス1ヶ月無料購読は下記より
 
【配信元】
日本語・英語・ミャンマー語翻訳のプロフェッショナル
ココライズ・ジャパン/KOKORIZE Myanmar
翻訳の依頼もお受けしております!