ミャンマーは世界で9番目に成長している国、と世界銀行が発表。現地で生活する者の実感は、、、

【社会】ミャンマー、経済成長率世界ランク9位

(2017年7月21日 第655号)

世界銀行が 6 月に発表した報告書「世界経済見通し Global Economic Prospects」によると、ミャ ンマーの経済成長率が 6.9%で、世界ランク9位であることが明らかになった。
報告書によると、経済成長率第1位はエチオピアで、その他にもカンボジアやフィリピンも高い成長 率を見せている。ミャンマーは 2017 年度の成長率が、6.9%だったが、2018 年度は 7.2%、2019 年度 は 7.3%になると世界銀行は予想している。 ミャンマーでは住宅不足改善が必須要項だが、経済改革後は成長軌道に乗っているため、今後の さらなる経済発展が期待される。
(7月 18 日発行/7Day Daily 上の記事を再編集)

【編集部所感】

「ミャンマーは今も成長し続けているのか?」ミャンマー進出を検討される方から、そんな質問を投げ掛けれる事も多いが、その1つの答えが世界銀行から発表された。
結果から言えば、ミャンマーは世界で9番目に成長している国、である。さらに、2018年度、2019年度は今年度以上の成長率となる見通しも、あわせて発表されている。ミャンマー国内で生活していると、新規建造物の建設現場がそこかしこに見られ、新たな商業施設が営業を開始するなど成長を感じる部分は多い。その一方で、新政権移行直後は、各種 建設プロジェクトの建築基準見直しに伴う許認可見直し等の影響を受けて、少し経済成長の勢いは滞ったかのようにも感じていた。
それでも数字で見れば、経済成長率にして 6.9%、世界で9番目と思えば、成長している、といっていいだろう。同報告においては、東南アジアのカンボジア・フィリピンも名を連ねており、ASEANの成長率の高さが伺える結果だ。
よほどの事がない限り、ミャンマーが成長し続けていくことは間違いなさそうだ。

=

ミャンマー現地より、最新情報を週3回(月400本)配信。

配信本数No.1 の ミャンマーエクスプレス1ヶ月無料購読は下記より
 
【配信元】
日本語・英語・ミャンマー語翻訳のプロフェッショナル
ココライズ・ジャパン/KOKORIZE Myanmar
翻訳の依頼もお受けしております!