ヤンゴン環状線の時速を2倍に。10プロジェクトの入札が4月上旬に開始の見込み。

【経済】環状線改修計画、来月 10 事業の入札募集開始

(2017 年3月 24 日 第 605 号)

 ミャンマー国鉄は、ヤンゴン環状線改修計画について、4月上旬に 10 事業の入札募集を開始する と発表した。
企業の国籍は問わない。募集される事業は、駅校舎、ホーム、踏切の改修、線路や枕木の取り替 え、配水・配電整備、通信設備整備、電気式気動車(DEMU)修理工場の建設など。
同計画では、現在の時速 20 キロから、時速 40 キロにまで速度を上げて走行できるようにすることを 目指す。ミャンマー国鉄は、2年以内の計画完了を目標としている。
(3月 21 日発行/The Daily Eleven 上の記事を再編集)

 

【編集部所感】

 環状線改修計画について、4月上旬に10事業の入札。国籍は問わず、多くの工事の入札が行われる予定。これまでにJICAを通じて、いくつもの支援をしてきた日系企業はいくつのプロジェクトが取れるだろうか。
2年以内には、現在の時速20キロが40キロになることを目指す、という。
現在、ヤンゴン環状線に乗れば、のどかな旅が味わえる。景色は次々に変わりゆくが、電車のスピードに合わせたのどかな田園風景が楽しめる。時速40キロで走れるようになれば、今までの旅とは違った景色になるだろう。しかし、住民の足としては、より便利になることは間違いないだろう。

=
ミャンマー現地ならではの、生の情報を週3回配信。
配信本数No.1 月間合計 約400本のミャンマーニュース配信。
ミャンマーエクスプレス1ヶ月無料購読はこちらから
http://myanmar-express.com/trial/

【配信元】
日本語・英語・ミャンマー語翻訳のプロフェッショナル
ココライズ・ジャパン/KOKORIZE Myanmar
http://kokorize.com/
翻訳の依頼もお受けしております!