ヤダナポンテレポート社、124億円以上の落札金未払い。許可が取り消しとなる可能性もあり。

【通信】ヤダナボンテレポート社、落札金未払い

(2017 年 2 月 24 日 第 593 号)

 通信管理局によると、国内高速インタネットサービス提供に関するオークションで落札したヤダナボンテレポート社は政府に落札金をまだ支払っていないという。
ヤンゴン管区、マンダレー管区、エーヤワディ管区、ザガイン管区、ラカイン州、チン州、シャン州、カチン州、カヤー州などに高速インタネットネットサービスを提供するため、同社は 2600MHz 周波数帯を去年 10 月 19 日に1億 1,000 万米ドル(=約 124 億 6,850 万円)で落札した。12 月には同入札金額の半分である 5,500 万ドル(=約 62 億 3,425 万円)を支払う規定であったが、同社はそのうちの一部のみ支払ったという。3月末までに 5,500 万ドル全額を支払えない場合、許可は取り消される上、競売保険料 50 万ドル(=約 5,670 万円)も回収される。
同社が落札した 2600MHz 周波数帯のインタネットサービス提供許可期間は 15 年間で、同社の他3社が落札した。
(2月 22 日発行/7Day Daily 上の記事を再編集)

【編集部所感】

 124億円以上の落札金が未だに支払われてない、とのニュース。12月には支払われるべき半額のうち、一部のみ支払われていない、とのこと。猶予期間の3月末までに支払われない場合、許可が取り消されるとのこと。
どういった理由で支払われていないのかはわからないが、事実として支払われておらず、その事が明るみになった。
不正は許さない、という政府の強い姿勢も伺える。

=
ミャンマー現地ならではの、生の情報を週3回配信。
配信本数No.1 月間合計 約400本のミャンマーニュース配信。
ミャンマーエクスプレス1ヶ月無料購読はこちらから
http://myanmar-express.com/trial/

【配信元】
日本語・英語・ミャンマー語翻訳のプロフェッショナル
ココライズ・ジャパン/KOKORIZE Myanmar
http://kokorize.com/
翻訳の依頼もお受けしております!