オーストラリアのファンドが軍関係の企業に投資

【経済】オーストラリア基金、ミャンマー軍事関連会社に投資

写真 – EPA/EFE

 オーストラリアの国有ファンド「フューチャー・ファンド」が、国軍と関係のある国際企業に1億5790万ドル(1億1200万米ドル以上)を投資していると、Justice For Myanmarが本日(11月29日)報じた。

 オーストラリア基金が出資した企業には、武器貿易、観光、輸送、飲料事業など国軍と関係のある6社が含まれている。

 Justice For Myanmarによるとオーストラリア基金は中国のAVIC傘下の5社、Adani, Sinotruk, Bharat, Daiwa House Industry, Hilton Worldwide Holding, Kirin, Posco, PTT 、Tokyo Tatemonoに投資したという。

 Justice For Myanmarは、オーストラリア政府に対し、国軍関連会社とかかわっている会社に対して経済制裁を科し、世界的な武器禁輸措置を指示するように求めている。