スーチー氏の罪状

【社会】国民の不安を煽った罪で起訴されたスーチー氏

アウンサンスーチーは、国民民主連盟(NLD)が発行した2通の書簡に関連して、9月21日に刑法第505条(b)に基づき、国内の不安を煽動したとして起訴された。

同書簡は、逮捕直後に国民民主連盟(NLD)によって発行されたものである。

裁判所はスーチーの弁護士からの異議を却下した。

スーチー氏は、フェイスブックで拡散されている、『スーチー氏は国軍との協議の結果、反乱を受け入れなかった』という噂に言及していると述べた。

NLD政府の下で、国家顧問/外相であるアウンサンスーチー氏に対し、クーデター以来国軍は、11件の容疑で告発を行行っている。