トタルに利益分配をしないよう要求

【社会】Black Money Campaign、軍事評議会へ利益を分配しないようにトタルに要求

写真クレジット

 Black Money Campaignは、ミャンマーから撤退するフランスのエネルギー大手トタル社に対し、6カ月分のガス利益を軍事評議会に分配しないよう要求した。

 トタルは、ヤダナ天然ガスプロジェクトから撤退する前に軍事評議会に、合計2億5,000万ドルほどの利益を分配することを計画している。

 Black Money Campaignのメンバー一人は、4月13日にトタルに利益を分配しないよう求める書簡が送られ、5月25日の株主総会の前に重圧がかかると話した。

 しかしながら、トタル社からは反応がなく、内部関係者によると、利益は間違いなく軍事評議会に送られる。

 Myanmar Nowがトタルミャンマー社に問い合わせした際に、2億5000万ドルの利益を共有しないとの回答があったが、 詳細は明らかにされていない。