ミャンマー、消費と需要が引き続き減少

【経済】ミャンマー、消費と需要が引き続き減少

写真ーEleven Media Group

 9月1日に発表されたS&Pグローバルミャンマー製造業PMI速報値によると、ミャンマーはインフレと原材料不足により、製造業の生産量が急減し、消費と需要は引き続き減少するという。

 また、チャットの価値が下がり続け、原材料の輸入が困難になり、商品の価格は上昇し続ける可能性がある。

 ミャンマーの製造部門は8月に4か月連続で縮小し、生産と受注の落ち込みが加速するなど生産環境が悪化した。

 物価上昇圧力が強まるにつれて、販売単価が急激に上昇し、消費者は経済的な問題に直面し、消費と需要に大きな影響を与えている。

 製造業者が備蓄する生産前在庫と生産後在庫はともに減少を続けている。

 EUと米国による制裁は、ミャンマーの経済基盤に短期的な問題を引き起こすと予想されている。