ロイコーで電気と水が遮断

【社会】ロイコーで電気と水が遮断され、物資不足に直面

写真-PDF Loikaw

 カヤー州の州都であるロイコーでは国軍による空爆のため、地元の人々が避難したり、電気と水が遮断されているという。

 1月7日からロイコー市で発生した、人民防衛隊(PDF)と国軍との戦闘で、死傷者が増加している。国軍は翌日、重砲だけでなく戦闘機も投入した。そのため、同日にロイコー市の人口の約半分が市を出た。

 停電のため、Wifiも使用できなくなり、MPTとMytel以外のモバイル型インターネットも使用できないとある地元の人が語った。

 「多くの食料品店も閉店し、残りの食料品店も売り切れた時点で閉店するかもしれない。売り手がないと商品トラックも来ない。物資がとにかく不足している。」と彼が語った。