元ヤンゴン管区首相のピョー・ミン・テイン氏が嘘の証言

【社会】国家顧問がピョー・ミン・テイン氏が嘘をついたと発言

アウン・サン・スー・チー氏は、軍事評議会を代表して証言した元ヤンゴン管区首相のピョー・ミン・テイン氏の発言は偽りであると発言した。

ピョー・ミン・テイン氏は10月1日、国民民主連盟のヤンゴン管区首相在任中に、スー・チー氏に60万ドルの現金と7ポンドの金塊を渡して便宜を図ってもらったと証言した。ピョー・ミン・テイン氏は、最大15年の汚職防止法の第55条に基づいて起訴された事件の重要な証人として出廷した。

10月8日、スー・チー氏はピョー・ミン・テイン氏に反対尋問を行う予定です。

弁護士によると、スー・チー氏に対する軍事法廷の告発はピョー・ミン・テインの発言に基づいているが、証拠の金品は提出されてないという。

国軍は3月にピョー・ミン・テイン氏がスー・チー氏に賄賂を支払ったとされるビデオを公開した。 NLDの高官は、国民を欺こうとする試みであるとMyanmar Now に語った。

「それはパゴダに寄付するものなんです。これは不当なケースで、国民に誤解させようとしているが、国民はすでにそれが何であるかを知っている。 話す必要はない」と彼は語った。

国民統一政府(NUG)のテイン・ウー法務大臣によれば、証言したピョー・ミン・テイン氏が国軍からどのような圧力を受けているかは予測できないが、彼の発言は事件にとって極めて重要である、と述べた。

NLDの中央幹部の1人であるピョー・ミン・テイン氏は、2月1日のクーデター以降逮捕された人々の中の一人です。もともと心臓病に苦しんでいたピョー・ミン・テインは、2度の拘留を言い渡されており健康状態も良くありませんでした。妻と一緒にヤンゴンで拘束されていると思われるピョー・ミン・テイン氏の健康状態については確認されていない。

スーチー氏は11件の事件で軍事評議会により起訴されている。