米国人ジャーナリスト、ダニー・フェンスター氏が釈放される

【政治】米国人ジャーナリスト、ダニー・フェンスター氏が釈放される

               写真 – Bill Richardson Center

 インセイン刑務所で禁錮11年の有罪判決を言い渡されていた米国人ジャーナリスト、ダニー・フェンスター氏が11月15日に軍事評議会によって釈放された。

 フロンティア・ミャンマー誌の関係者が確認したところによると、インセイン刑務所に5ヶ月以上拘留されていた米国人ジャーナリスト、ダニー・フェンスター氏が本日(11月15日)午後に釈放され、強制送還された。

 Myanmar Nowで英語版の編集者として2020年半ばまで勤務して、Frontier Myanmarに転職したアメリカ、ミシガン州出身のダニー・フェンスターは、国の不安を煽る行為、違法組織との接触、入管法違反などの罪で先週に禁錮11年の判決を受けていた。

 また、国に対する刑法第124条のaと、最高で20年の懲役刑に処せられるテロ対策法第50条のaの罪などで追起訴された。

 ダニー・フェンスター氏は、5月24日、家族と一緒に米国に戻る途中、ヤンゴン国際空港で逮捕された。

 最近の動きとして、一部の国際外交官がネピドーを訪問しており、軍事評議会と近い関係にある日本政府の特使と日本財団の笹川会長が、ミン・アウン・フライン国軍総司令官と会談したと軍評議会が発表している。