金価格が安定(号外)

【経済】特別捜査協会の指示により、金価格が安定

(2021年5月19日 号外)

特別捜査協会の指示通り、金価格を安定させていると、ヤンゴン管区金起業家協会が発表。
特別捜査協会の指導で月例会議や特別会議などを行っていることが、協会のフェイスブックページで発表された。
前の軍事政権時にも、ドル建価格や金価格が上がった際に特別捜査協会が、販売者を拘留し、価格を無理やり下げた経緯がある。
クーデター以降、政権が不安定になり、ミャンマーチャットに対しての信頼性が低下し、ドルと金を購入する人が増えた。このような状況を利用して金価格が高めに誘導されている。
5月12日の国内金価格は170万6000チャット。13日には163万チャットと、一日で約7万チャット下げたという。15日には162万チャット付近で販売された。
また、1ドルあたり1730チャットまで上がった為替相場を戻すため、中央銀行が、外国為替市場への介入と、両替カウンターへ多量のドルを供給した結果、1700チャット以下に下がった。

【配信元】
日本語・英語・ミャンマー語翻訳のプロフェッショナル
DNAメディア株式会社/KOKORIZE Myanmar
https://kokorize.com/
翻訳の依頼もお受けしております!