ミャンマー語で予約可能なホテルのネット予約サイト、7割は国内観光客

【観光】ホテルのネット予約、70%が国内観光客

(2017年6月14日 第639号)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(参照サイト https://jovago.net/my-mm

フランスのホテル予約サービスサイトである Jovago.com.mm によると、インターネットからホテルを予 約する人の 70%は国内観光客であり、多くは料金の安いホテルを予約するという。
5月の同サイトの利用者を調査した結果、利用者の 53%が女性で、47%が男性。25 歳から 34 歳まで の年齢の人により多く利用されている。
Jovago ミャンマーのマネージャーは「同サイトはミャンマー語で使用できるミャンマー初のホテル予 約サイト。雨期に観光客が多い場所は、バガン・マンダレー等だ」と話した。 (6月 11 日発行/The Daily Eleven 上の記事を再編集)

【編集部所感】

 フランスのホテル予約サービスサイト、と紹介されているが、サイトを見るとその上部には、ドイツのロケットインターネット社の関連サイトが貼られている。求職者マッチングサイトのワークドットコムやオンラインショッピングサイトのショップドットコム、賃貸物件マッチングサイトのハウスドットコム等のサービスを、ミャンマーで展開するロケットインターネット社の関連サービスだ。
 サイト内は、ミャンマー語はもちろん、英語・フランス語にも対応している。
同社の発表で驚くべきは、その国内観光客比率である。外国人等の活用が多いのかと思いきや、国内観光客が7割強を占める、という。つまり、顧客の7割はミャンマー人ということだ。また25歳〜34歳がコアな顧客層とのことで、ネット利用者 かつ 消費の多い層とマッチする事がわかる。
ミャンマー語対応をしていれば、インターネットサイトでも利用者は着実に存在する、と考えられる。ついつい、まだまだ今のミャンマーでは、と考えがちにはなるが、予想以上に大きなマーケットが、すぐ近くに埋もれているかもしれない。

=
【6/29(木)バンコクでのセミナー開催が決定!】


詳細・申し込み は下記URLより
http://myanmar-express.com/seminar20170629/


ミャンマー現地より、最新情報を週3回(月400本)配信。

配信本数No.1 の ミャンマーエクスプレス1ヶ月無料購読は下記より
 
【配信元】
日本語・英語・ミャンマー語翻訳のプロフェッショナル
ココライズ・ジャパン/KOKORIZE Myanmar
翻訳の依頼もお受けしております!