Telenorがミャンマーでの通信サービスを売却か?

【経済】Telenorがミャンマーでの通信サービスを売却予定

ノルウェーの通信事業者であるTelenorは、ミャンマーでの事業売却を検討しているとTMT Financeが7月1日に報じた。シティインベストメントバンクに今後数週間で事業を売却する予定だという。

Telenorは、「弊社は市場の噂についてコメントしない」と述べた。シティインベストメントバンクからも回答が得られなかった。

ミャンマーの治安と人権状況の悪化を考慮して、Telenorは5月にミャンマー事業で損失を65億クローネ(7億8300万ドル)を計上した。

TMTの報道によると、カタールのOoredooは、ライバルの買収に関心を示しており、今後のプロセスについて財政的助言を求めている。Ooredooはこれについてコメントしなかった。また、中国企業も入札に参加する可能性がある。

Telenorはミャンマーに約1800万人の顧客を抱えており、ミャンマーの人口の3分の1にサービスを提供している。