VPower電力プロジェクトを停止

【経済】香港VPowerが2つの電力プロジェクトを停止

香港を拠点とするVPowerは、経済の不安定さと課題が続くミャンマーでの2つの水力発電プロジェクトを一時停止した。

先週のVPowerGroupの声明によると、ミャンマーの9つの発電所のうち2つは、更新せずに契約を終了する予定だと言う。同社は、契約を更新しない2つのプロジェクトの名前を挙げなかったが、マンダレー管区のチャウピュー(2)とミンジャン(1)の2つの電力プロジェクトの名前は含まれていなかった。

クーデーター後の政治的および社会的不安が継続する状況下で、労働者の安全を保護するために緊急計画を立てなければならなかった。6月下旬の協議の結果、同社は契約を更新しないことを決定したと述べたが、詳細は明らかにしなかった。

国軍はVPowerの決定についてコメントをしていない。MyanmarNowは電力エネルギー省に連絡したが回答はなかった。

ヨーロッパ、南米とアジアに事業を展開しているVPowerにとって、ミャンマーは魅力のある国であった。2020年には、ミャンマーからの利益は5,920万米ドルで、IBO事業の売上高の13.5%を占めている。